Facebook Instagram

沖縄のおすすめ観光スポット 世界遺産・今帰仁城跡
沖縄リゾートヴィラホテル・chillma(チルマ)

沖縄 古宇利島を臨む絶景リゾートヴィラホテル|chillma(チルマ)【公式】

ご予約について menu menu

沖縄のおすすめ観光スポット 世界遺産・今帰仁城跡

更新:

世界遺産・今帰仁城跡World Heritage Nakijin Catsle Ruins

沖縄の世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ、今帰仁城跡は沖縄本島北部の今帰仁村にあり、かつては「難攻不落の城」と呼ばれていました。
プライベートビーチ付きのリゾートヴィラchillmaがあるのも、今帰仁城と同じ今帰仁村。chillma宿泊の際には、ぜひ今帰仁城跡に出掛けてみませんか?
今回は世界遺産、今帰仁城跡について詳しくご案内いたします。

※こちらに掲載した情報は変更することがありますのでご注意下さい。

世界遺産・今帰仁城跡

今帰仁城跡の基本情報

【今帰仁城跡の基本情報】

沖縄屈指の名城と呼ばれる今帰仁城跡は、那覇空港から車で約2時間半。
沖縄本島北部の本部半島の標高約100メートルに位置します。
広さ4ヘクタールの敷地面積を誇り、その広さは首里城にも匹敵。
城を囲む堅牢な城壁は1.5キロメートルにわたり、まるで万里の長城のような圧巻な姿を見せます。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地 MAP
電話番号 0980-56-4400
アクセス 【やんばる急行バス】今帰仁村字泊今帰仁城趾入口バス停下車 徒歩約15分
開園時間 8:00~18:00※最終入場17:30 (5~8月)8:00~19:00※最終入場18:30
入園料 (大人)400円 (小中高生)300円 (小学生未満)無料
サイト https://www.nakijinjoseki-osi.jp/

今帰仁城の歴史

【今帰仁城の歴史】

琉球王国が統一される前の時代を「三山鼎立時代」と言います。
当時は、南部(南山王)・中部(中山王)・北部(北山王)をそれぞれの王が統治していました。
歴史的文献にカリスマ性があったと書かれている北山王は東南アジアや中国とも盛んに貿易をしており、発掘調査で陶磁器などが見つかっています。
今帰仁城のくねくねと曲がった城壁は防御機能に優れており、難攻不落な堅牢な城と言われていました。
攻め落とすのに時間がかかっていた中山軍は最終的に賄賂で北山王の側近を味方にし、裏門から入って陥落させたのです。
数千人の中山軍に対してたったの17騎で立ち向かうことになった北山王でしたが最後まで屈することはなく、潔い最後となりました。


今帰仁城跡の桜

【今帰仁城跡の桜】

日本一早く桜(緋寒桜・カンヒガンザクラ)が咲くことで有名な今帰仁村。
毎年、今帰仁グスク桜まつりが開催されています。
城壁は美しいライトアップで彩られ、平朗門から城内に続く参道には「グスク花あかり」と呼ばれるロウソクの幻想的な灯りがともります。
ちなみに、「グスク」とは沖縄の言葉で「城」と言う意味。
桜まつりでは他にも特設舞台で創作太鼓や伝統芸能なども披露され、多くの地元の方と観光客が訪れます。


今帰仁城跡の見どころ

【今帰仁城跡の見どころ】

今帰仁城の見どころは、何といっても美しい城壁。
「野面積み」と呼ばれる石垣で、最も古い造り方でつくられています。
一定間隔で突出部が外側に築かれ、敵を攻撃できるような仕組みです。
門の前で係員がチケットを確認しますが、この門が平郎門。
今帰仁城の重要な門でしたが1900年初めごろに一度崩落し、修復されました。
また城内の御内原(うーちばる)は女官部屋があった場所で、重要な御嶽(イベ)となります。
ここからの眺めは最高で、海と山並みと城壁を楽しむことができる絶景スポットとして有名です。
特に晴れた天気の良い日は、鹿児島県の与論島まで見えることも。


【観光の注意点】

今帰仁城跡にはすべりやすい場所があるので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。
また、バリアフリーにはなっていないので、車いすやベビーカーは利用できません。
さらに夏は暑さ対策としてタオル・日焼け止め・日傘が必須です。


Page Top