Facebook Instagram

沖縄リゾートについて 冬だから楽しむ沖縄リゾート Vol.2
沖縄リゾートヴィラホテル・chillma(チルマ)

沖縄 古宇利島を臨む絶景リゾートヴィラホテル|chillma(チルマ)【公式】

ご予約について menu menu

冬だから楽しむ沖縄リゾート Vol.2Okinawa resort to enjoy because it is winter vol.2

沖縄の冬は過ごしやすい気候で、楽しめるスポットがたくさんあります。
リゾートヴィラでゆっくりと過ごすのも素敵ですが、せっかくですので冬の沖縄を満喫してみましょう。
冬の沖縄を楽しむためのあれこれをご紹介するページの第2弾です。

冬の沖縄での服装

本州と比べて冬でも気温が高い沖縄ですが、北風の影響で体感的にはそれほど暖かく感じられません。
1年で最も寒い1~2月に沖縄旅行に行くなら、ウィンドブレーカーや軽いダウンジャケットなどを持って行きましょう。特に観光で海に面したグスクを訪れる予定の人は、海風が強いので風除けとしても重宝するはず。
屋内施設を観光している分には寒さは気になりません。多少肌寒さを感じてもカーディガンやパーカーを羽織れば十分でしょう。

冬の沖縄の海

冬の沖縄の海

沖縄旅行といえば青い海で海水浴というイメージですが、冬場の水温が最も低い時期でも平均水温が20度を下回りません。とはいえ海水浴には冷たいので12~2月は沖縄のビーチもシーズオフ。管理棟は閉鎖され監視員も不在になります。
しかし海水浴はできなくてもシュノーケリングやダイビングなら、厚手のウェットスーツを着ればじゅうぶん楽しめます。パラセーリングも1年中可能です。

沖縄で冬の海を楽しむ

透明度が高い沖縄は、もともとダイビングやグラスボートなど海の中をウォッチングするアクティビティに向いていますが、海の生き物の活動が穏やかになる冬季は特におすすめのシーズン。
また那覇から慶良間諸島周辺の海域では、毎年1~3月になるとザトウクジラが繁殖活動のために訪れます。クジラの姿を間近で見ることができるホエールウォッチングは、冬の沖縄の人気ツアーです。

冬でも楽しい沖縄レジャースポット

海洋博公園

1975年開催の「沖縄国際海洋博覧会」を記念して作られた公園で、中でも巨大水槽にジンベエザメが遊泳する「沖縄美ら海水族館」は沖縄の定番観光スポット。園内には他にも、太平洋地域の海洋民族の歴史や文化を紹介する「海洋文化館」や満点の美しい星空に囲まれる「プラネタリウム」、2,000株以上のランが展示されている「熱帯ドリームセンター」など、冬でも楽しめるさまざまな屋内施設があります。

住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424(海洋博公園記念センター)

琉球村

沖縄の伝統文化が気軽に体験できるテーマパーク。琉球衣装のレンタルや織物、藍染、陶芸絵付けなど、さまざまなものにチャレンジしましょう。人気の三線体験では、講師によるレクチャーのもと簡単な曲を三線で演奏することもできます。穏やかな音色にきっと心癒されるでしょう。

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130

おきなわワールド

冬しかできない!ホエールウォッチング 「玉泉洞」という30万年にできた鍾乳洞をはじめ、見どころ満載のおきなわワールド。玉泉洞は国内最大級の鍾乳洞で、100万本以上ある鍾乳石は圧巻の光景です。その他、琉球の古い町並みを再現した「琉球王国城下町」やハブのショーが楽しめる「ハブ博物公園」、琉球太鼓のアトラクションなどで訪れる人を飽きさせません。機織りや紙すきなどの手作り体験もできます。

住所:沖縄県南城市玉城字前川1336

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Page Top