Facebook Instagram

本島北部のおすすめアクティビティ クルーズ・ホエールウォッチ
沖縄リゾートヴィラホテル・chillma(チルマ)

沖縄 古宇利島を臨む絶景リゾートヴィラホテル|chillma(チルマ)【公式】

ご予約について menu menu

本島北部のおすすめアクティビティ クルーズ・ホエールウォッチ

クルーズ・ホエールウォッチCruising & Whale Watching

沖縄の冬にもとっておきの海の楽しみ方があります。
特に人気なのが「ホエールウォッチング」。
沖縄本島北部の本部町から今帰仁村にかけての海岸線では、たくましく生きる野生のザトウクジラを観察することができます。
ここでは沖縄本島でのホエールウォッチング&クルージングの魅力についてご紹介します。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

ホエールウォッチングとは

ホエールウォッチングとは

ホエールウォッチングは沖縄県北部で12月下旬〜4月上旬頃まで楽しめる人気アクティビティ。
シベリア海域に生息するザトウクジラは、冬場になると出産のために沖縄の温かい海にやってきます。こうした野生のクジラのダイナミックなパフォーマンスを目の前で観察するのが醍醐味です。
また、沖縄北部の高台に建つヴィラのプライベートビーチ近くでも運が良ければクジラが見られるかもしれません。

ホエールウォッチングの準備

沖縄北部のプライベートビーチ付きのヴィラなど、まれに陸からクジラを発見できる場合もありますが、やはりクルージングのプランがおすすめ。
また、クルージングとは言ってもホエールウォッチングは特別に準備するものはありません。とにかくクジラを発見することが重要なので、自分にとって最低限の必要なアイテムを用意し、できるだけ身軽に楽しみましょう。
クルージングに共通しているのは、「濡れてもいい服・動きやすい靴」です。また、念のため「酔い止め」があると良いでしょう。

ホエールウォッチングの簡単な流れ

沖縄でホエールウォッチングのツアーに参加すると、ほぼ完全予約制なので業者によっては宿泊先のヴィラやホテルまで送迎してくれます。
まずはツアーの流れや注意事項を聞きクルージング船に搭乗。プロのガイドが当日の海上の様子を見ながら、クジラが現れそうなスポットへ案内してくれます。
クジラは大きいからといって、すぐに見つかるわけではなく、発見してもすぐ潜ってしまうこともあるので、見逃さないように注意しましょう。

沖縄北部・ほかおすすめホエールウォッチング&クルージングポイント

沖縄北部・ほかおすすめホエールウォッチング&クルージングポイント

北部発

沖縄のホエールウォッチング出航エリアは那覇・中部(北谷町)・北部(本部町)の3つに分かれますが、中でも北部は一番のおすすめ。北部の海が、クジラに接近できる確率が最も高いと言われているのです。それでいて他エリアと比べてホエールウォッチングのクルージング船がそれほど多くないため、クジラのダイナミックなパフォーマンスを味わいたい方や近距離でクジラを見たい方ならきっと満足するでしょう。
また、美ら海水族館のすぐ近くの港から出航するクルーズ船もあるので、水族館に行ったときに一緒に回るのもおすすめです。

本部発

北部出発の中でも人気が高いのが本部です。他のエリアと比べてクルージング船とクジラの距離が近いだけでなく、本部近海でも多くのクジラに遭遇することがあります。
長期滞在型のヴィラに宿泊するなら、滞在中に何度かツアーに参加してみるよも良いかもしれません。

南部発

那覇発のツアーは、沖縄中心部に宿泊する方にとってはアクセスが良く人気です。
送迎付きのプランがほとんどなので、レンタカーが無くても心配要りません。空港からも近いので、憧れの北部方面に宿泊する方も、フライト時間によっては到着日や帰着日にも参加が可能です。

中部発

西海岸のリゾートエリアに宿泊の方に人気ですが北部からも行きやすいエリアなので、宿泊は沖縄の大自然を満喫出来る北部、ホエールウォッチングは足を伸ばして中部へという方にもおすすめです。ただしクジラが見られるポイントの位置は那覇発とさほど変わらないため、当然船は集中してしまいます。

Page Top