Facebook Instagram

沖縄のおすすめ観光スポット 古宇利島名物-幸せを呼ぶ【ピース貝】
【公式】沖縄リゾートヴィラ・chillma(チルマ)

【公式】chillma(チルマ)|沖縄リゾートヴィラ

ご予約について menu menu

沖縄のおすすめ観光スポット 古宇利島名物-幸せを呼ぶ【ピース貝】

古宇利島名物-幸せを呼ぶ【ピース貝】New Spot of Kouri Islandt

沖縄本島北部のプライベートビーチ付きのヴィラに宿泊するのなら、恋の島の伝説が残る古宇利島に出掛けませんか。
古宇利島にあるトケイ浜には、幸せを呼ぶと言われるピース貝を見つけることができます。
童心に返って砂浜でピース貝を探してみませんか?

※こちらに掲載した情報は変更することがありますのでご注意下さい。

古宇利島名物-幸せを呼ぶ【ピース貝】

古宇利島の伝説

【古宇利島の伝説】

古宇利島に、昔、空から二人の子供が降りて来ました。子供たちは、毎日空から落ちてくるお餅を食べて暮らしていたのですが、ある日「お餅が降ってこなくなったらどうしよう」と不安になり、お餅を少しずつ蓄えるようになりました。そうすると、お餅は本当に降らなくなってしまい、二人は労働をするようになりました。
ある日ジュゴンの交尾を見て、二人は男女の違いを意識するようになります。葉っぱで身体を隠すようになり、やがて子供ができ、琉球人の祖となったのです。
このことから、古宇利島は恋の島と呼ばれるパワースポットとして親しまれています。そんな古宇利島で拾ったピース貝なら、きっと恋のご利益満点です!


ピース貝について

【ピース貝について】

沖縄本島北部にある古宇利島のトケイ浜で、『拾ったら願いが叶う』『幸せになれる』と言われる貝を見つけることができます。地元の方からはピース貝と呼ばれていますが、正しい正式名称はキイロイガレイシ。小さな手でピースをしているような少しユニークな可愛らしい形をした巻貝です。色は黄色や白があります。


ピース貝の見つけ方

【ピース貝の見つけ方】

ピース貝を見つけるには、少しコツがあります。それは「とにかく手を伸ばしてみる」ということ。と言うのも、貝が裏側になっていたり、砂浜の色に同化したりしていますので、砂と少し違うかもと思ったら手を伸ばしてみてください。
ちなみに、ピース貝は、なかなか見つけることのできない希少性の高いものということもあり『願いが叶う』と言われています。まるで四葉のクローバーみたいですね。しかし、一度発見すると、その後は思ったよりも見つけられると言われています。


トケイ浜について

【トケイ浜について】

トケイ浜は、古宇利島に着いた所からほぼ半周したところにあります。もともと珊瑚礁だった隆起石灰岩のビーチですので、手足にかすり傷をおいやすく、とても痛いので注意して遊んでください。
干潮時に岩場にできた潮だまりの中の小さな魚を鑑賞するイノー観察や、シュノーケリングにも人気のある遠浅の海です。ビーチには監視員がいませんので、うっかりと足を滑らせないようしっかりと安全管理をしましょう。


【拾ったピース貝は】

拾ったピース貝は、そのまま自宅に飾っていても良いですが、せっかくならアクセサリーやストラップにして身に付けてみませんか?
貝に穴を開けるには、ちょっとしたコツがあります。ベニヤ板の上にクッション性のあるもの(布など)を敷き、この上に貝を置き、ピンバイスやガラス専用ドリルなどで少しずつ穴を広げていきます。ある程度穴が開いたら、電動ルーターを使うと開けやすいです。少し水を付けて削ると、穴が開きやすいです。
一気に穴を開けると割れてしまうことがありますので、時間をかけてゆっくりと穴を開けましょう。ポイントは、押し付けないように穴を開けることです。
沖縄で撮影した写真を飾るフォトフレームに接着剤やグルーガンでピース貝を飾るのも素敵ですね。


Page Top