Facebook Instagram

沖縄について 宮古島諸島
【公式】沖縄プライベートリゾートヴィラ・chillma(チルマ)

【公式】chillma(チルマ)|沖縄プライベートリゾートヴィラ

ご予約について menu menu

沖縄について 宮古島諸島

宮古島諸島Miyako Islands

沖縄諸島と八重山諸島の間にある人気の観光スポット、宮古島諸島をご紹介致します。
それぞれの島独自の変化に富んだビーチや海岸線を楽しみに訪れる方がたくさんいます。
宮古島諸島は、ダイバーに人気の高い島が多いのがポイントです。

宮古島

宮古島宮古島(みやこじま)は主に石灰岩で出来ており、丘陵が少ない平坦な大地です。エメラルドグリーンの美しい海が広がり、島内にはたくさんのおすすめビーチがあります。島の北側は、宮古島の面積の1/3に及ぶ広大な浅瀬が広がり、サンゴが群生しています。

デートでも人気のある予約必須の美味しいお店がたくさんありますので、事前にチェックして予約しておきましょう。

来間島

来間島来間島(くりまじま)は、9km周囲の小さな美しい島で、宮古島とは全長1,690mの来間大橋でつながっています。空港から車で、20分程で簡単に行き来が出来る観光地です。

ゆっくりとドライブをするだけなら、15分程で1周してしまいますが、ビーチの数が多く、それぞれが違う表情を見せてくれますので、じっくりと楽しみたくなることでしょう。中にはシュノーケリングスポットとして人気のビーチもありますが、公共の海水浴場ではありませんので、自己責任で遊泳することになります。

デートにおすすめなのは、竜宮城展望台です。コバルトブルーからエメラルドグリーンへ変化する美しいグラデーションを楽しめます。

下地島

下地島(しもじじま)は、第4紀更新世の多孔質の石灰岩で覆われた、周囲9kmほどの小さな観光地です。島の西側では、激しい海食崖を見ることが出来ます。

沖縄県の天然記念物のも指定されているダイビングの名所「通り池」「魔王の宮殿」などのポイントもありますので、海の中の地形を楽しんで下さい。国内唯一の民間航空会社の飛行訓練場もあり、ジェット機や特徴的な訓練風景も有名です。

伊良部島

伊良部島(いらぶじま)は、下地島のすぐ隣の島になります。狭い水路が2つの島を分けていますが、陸地続きではない隆起サンゴの島で、周囲は26.6kmです。

伊良部大橋が2015年に開通し、伊良部島へ車で行けるようになりました。デートにおすすめなのは、サンセットが有名な佐和田の浜です。ダイビングポイントも多く、ダイバーにも人気があります。

池間島

池間島池間島(いけまじま)は、宮古島の北西1.5kmのところにあり、池間大橋を使って簡単に行き来が出来る、周囲10kmほどの美しい静かな島です。島の中央は湿地帯が広がっているため、独自の生態系が見られます。

吸い込まれそうな青い海、カラフルな熱帯魚、美しいサンゴを見られる、シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気です。ぜひお気に入りのビーチを探しに出かけてみて下さい。

多良間島

多良間島(たらまじま)は、東西約6km南北約4.3kmの楕円形のような形をしており、周囲は砂浜に囲まれています。島自体が隆起サンゴ礁で出来ているため山や川のない平坦な地形です。1周約1時間半程度を自転車で周ることが出来ますので、日頃の運動不足を解消する自転車デートはいかがでしょう。ほとんどの道がきれいに舗装されているため、走りやすくおすすめです。

島はほぼ耕作地ですが、濃い緑に包まれており、フクギ並木やアダン、琉球松、琉球コクタンなど、豊かな自然を楽しめます。

大神島

大神島(おおがみじま)は、パワースポットが集まる静かな島で、「神が宿る島」「神が住む島」とも言われています。日本神話に出てくる「天岩戸(あまのいわと)」や「高天原(たかまがはら)」があるのも大神島です。

島内には、聖域とされ立ち入り禁止の場所もありますので、マナーを守って良いパワーをたくさん頂いて来て下さい。沿岸線沿いにある奇石(ノッチ)は、きのこのような不思議な形をしています。南国の自然がそのまま残っていますので、パワースポットに興味のない方も楽しめる観光スポットです。

※こちらに掲載した情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

Page Top